FLASH-CUT MAX SERIES

このページからは偏光レンズの仕組みや、カラーバリエーションなど、よくメールなどでお問い合わせ頂く内容について、実際のフィッシングシーンなどのサンプルをあげながらご紹介いたします。


偏光サングラスとはどういうものですか?

なぜギラつきがとれるのですか?
御社で販売している偏光レンズは、その辺で売っている廉価なものとどこが違うのですか?
レンズカラーは選べますか?
透明な偏光レンズはありますか?
偏光レンズ「フラッシュカットシリーズ」のタイプを説明して下さい。
FLASH-CUT REAL MAXって、どんなレンズなのですか?
全天候で使えるレンズは持っているのですが、次にどんなレンズを用意すれば良いですか?
シルバーミラー、ブルーミラー等のミラー色の違いによる効果を教えてください。かっこいいからというのは私にも解りますが・・・。
はじめて作りますが、出来れば1本の偏光グラスで、全天候で使用できるタイプのカラーを教えて下さい
カーブの強いフレームに偏光レンズをセットしたいのですが・・・
現在使っているサングラスもしくは、近くのショップで買ったサングラスにレンズの入れ替えは出来ますか?
以前、雑誌記事でガラスレンズの偏光サングラスは、プラスチックレンズより良く見えると読んだと思うのですが、そのへんのところは,どうなのですか? もし、ガラスレンズのほうが良いのであれば、ラインナップにはありますか?
以前、度付きレンズで作製したことがありますが、今は度付きでは作れないのですか?
納期はどのくらいですか?
支払い方法について
 

A 偏光サングラスとは、ギラつくまぶしい光の反射だけをカットしてくれるサングラスレンズです。 一般のサングラスでは減光しているだけで、まぶしい光の反射はカットしてくれませんが、偏光レンズは特殊なフィルムにより、私たちが眩しいと感じる反射光をカットしてくれます。 反射光は水面の反射などは分かり易いですが、日常生活に於いても、あなたの周りを飛び回っているのです。 ですから、タウンユース、アウトドアシーン、ドライブ、そしてパソコンなどを使用するオフィスシーンなど、あらゆる場面 で光の悪戯である乱反射をカットし、快適な視界を得ることができるのです。


A レンズの間に特殊なフィルムをサンドウィッチ、もしくは貼り付けしており、そのフィルムを構成する目に見えない 横一列に並んだ透明・不透明な分子の層がギラつきをカットしてくれます。窓に使うブラインドが内蔵されているようなもので、偏光膜のラインを地面 や水面と水平にし、上下左右斜めからの反射をカットします。しかし、この場合真横からのギラつきはカットできません。一般 的には地面や水面からの縦方向からの反射がもっとも多く、それらをカットする目的で作られています。 もし、縦も横も斜めもギラつきをカットするとしたら、それはレンズが真っ黒になってしまい、実際に使用することは不可能になってしまいます。 注):光学的に光の進路について正確に記述すると横方向の波長をカットしていることになります。 また、ご参考までに、偏光が一番効く角度はその光源に対して約45度に向いたときとなります。真正面 から光線が直進してくるような場合、偏光レンズの構造上カットしきれません。






A 私どもでお薦めしている偏光レンズは、光学的に非常に優れています。 廉価なサングラスの中には光学レンズではない、ただのシートを曲面成形して張り合わせたものが一般的ですが、これでは歪みが生じており、目の疲れや頭痛などの原因となる場合がございます。 弊社にて扱っているオリジナル偏光レンズは、一般的な眼鏡レンズの素材として用いられている「ウレタン系樹脂素材」のみとなります。 廉価な偏光レンズと比較した場合、クリアで快適な視界、長時間の使用でもストレスを感じないことに、まずは驚かれることでしょう。 また、今まで通っていたフィールドやポイントでも、今まで見えなかったストラクチャーなども認識しやすくなるはずです。また、弊社取り扱いの偏光レンズは、紫外線対策としても全て「UV400」が標準となっております。 更に、レンズ表面に用いられる「マルチコート(反射防止コート)」「ハードコート(耐キズコート)」は、弊社にて取り扱いのレンズは全て必要不可欠と考え、標準設定としております。

A レンズのカラーによる特性をご理解頂き、あなたの用途と合わせてチョイスして下さい。 ご参考までに、それぞれのカラーの特徴をご説明致します。

●ブラウン系>比較的暖かな感じの視界となり、対象物のコントラスト(色の違い)が分かり易くなります。 フィッシングやスキーなどで効果的です。
●スモーク・グレー系>視界の中の様々な色を忠実に映し、ナチュラルな視界となります。フィッシングタウンユースにもお薦めです。
●イエロー系>光量が少ない時でも、明るさを強調してくれるカラーです。早朝・雨天曇天などのローライト時に効果 的なカラーです。
●グリーン系>目に優しく、比較的ナチュラルな視界が得られます。また、視界の中のグリーンが際立ってみえます。ウィードが多い場所でのフィッシング、トレッキングなどにも快適なカラーです。
●コパー系>赤茶っぽいカラーは、ナチュラルさはあまりありませんが、コントラストを極力高める効果 があります。クリアレイクでのサイトフィッシング、スキーなどにもお薦めです。
●ブルー系>クールで涼しげな視界となります。タウンユースやパソコン操作などにもお薦めです。

大まかに分けると6色ほどですが、例えば同じグレーでも濃い目のものや薄目のものがあります。濃いめのものは晴天などの光量 が多いとき、薄めのものはオールマイティ〜ローライトというように、同系色でも濃淡で用途も変わってきます。 また、中にはグレー・ブラウンの中間色というようなカラーもございますので、ご自分がどの様な用途で使うのかを考え、選んで下さい。 フィッシングにおいて、1本で幅広く使うことを考えた場合、ブラウンやグレーの薄目、ブラウン・グレーの中間色などが使いやすいと思います。 「どれを選択したら良いのか分からない」という方は、お気軽にご相談下さい! あなたの用途にぴったりのレンズをご紹介致します。

 



A 現段階で透明な偏光レンズはありません。窓に無色透明なブラインドを付けても光をカットしてくれないのと同じです。


A 大まかに分けると下記の表のようになります。



A まずはその全天候で使えるレンズで物足りないところを考えてみましょう。その全天候型のレンズよりも「もう少し明るく見たい」と思うことが多いようであれば、もっと可視光線透過率が高い色味の薄いレンズ。そのレンズでは「明るすぎる」と感じることが多いようであれば、もっと可視光線透過率が低い濃い目のレンズを用意されるほうが宜しいかと思います。
みなさんそれぞれスタイルやフィールド・ターゲットが異なりますし、明るさや見え方・感じ方は個人差がありますので一概には言えませんが、レンズもロッドの使い分けと同様で、使い分けをする方が見え方や快適さが大きく変わってきます。


A まずはその全天候で使えるレンズで物足りないところを考えてみましょう。その全天候型のレンズよりも「もう少し明るく見たい」と思うことが多いようであれば、もっと可視光線透過率が高い色味の薄いレンズ。そのレンズでは「明るすぎる」と感じることが多いようであれば、もっと可視光線透過率が低い濃い目のレンズを用意されるほうが宜しいかと思います。
みなさんそれぞれスタイルやフィールド・ターゲットが異なりますし、明るさや見え方・感じ方は個人差がありますので一概には言えませんが、レンズもロッドの使い分けと同様で、使い分けをする方が見え方や快適さが大きく変わってきます。


A 光学的な要素で言いますと、可視光線透過率は若干(3〜4%)低下します。というよりはより眩しさを防ぐということになります。しかし、ミラー付き・ミラー無しのレンズを同時に比較しても明るさは「全然変わらない」と感じる方もいらっしゃいますが、ミラーのカラーによる色調の変化は若干生じます。ブルーミラーの場合、若干黄色っぽい見え方、ゴールドミラーの場合、若干青っぽい見え方、ピンクゴールドミラーの場合は若干緑っぽい(それぞれ元のカラーに比べて)視界になります。シルバーミラーの場合は色調の変化は無く、ミラー無しに比べて若干暗くなる程度です。
ただし、ミラーを付けることによって、目の前に薄い鏡がある状態と同じですので、フラットなフレームの場合は特に、背景や自分の目などがミラーコートへ映り込むことがありますので、快適さは若干劣るということになるかもしれません。


A カラーというよりも、明るさを基準に選ぶと良いでしょう。 全天候でとなると、極端に明るすぎず暗すぎず、可視光線透過率30%前後のレンズが幅広く使いやすいと思います。 水質もざまざまで、いろんなフィールドで使うのであれば「FLASH-CUT REAL MAX」が良いでしょう。


A FLASH-CUT MAXシリーズは8カーブディセンターレンズの設定がございますので、顔に密着するようなフレームへのセッティングも可能です。
カーブが強いことによる遠近感・高低差などの違和感を軽減する8カーブディセンターレンズにてセットすることで、フレームのデザイン・形状を活かした遮光性が高い偏光サングラスが作れます。
※8カーブレンズは2,100円増しとなります。


A お手持ちのフレームへのセッティングも承っております。お手持ちのサングラスを弊社までお送り頂くか、お近くの弊社正規代理店までお持ち込み頂き、そのサングラスにレンズの入れ替えをして、あなただけのオリジナル偏光グラスを作ればよいわけです。基本的には2眼(2枚のレンズで構成されたモデル)タイプのサングラスや、メガネフレームであればレンズの入れ替えはほぼ可能です。デザイン性重視で極端にレンズカーブが強すぎるものなどは、こちらでベストな状態にセッティングして入れ替える場合もございます。弊社では様々なフレームにセッティングしながら、加工技術の向上、ノウハウを蓄積してきました。この辺の技術と経験が他社を圧倒的にリードする要因です。レンズ入れ替えならお任せ下さい。 注):ツーポイント(縁なし)やナイロール(レンズに溝を掘り、ナイロンの糸や細いフレームで溝を挟むタイプ)など、フレームの構造・形状によっては入れ替え出来ない場合や、お薦め出来ない場合がございます。セッティングの可否はお気軽にお問い合わせ下さい。


A 弊社オリジナル「FLASH-CUT MAXシリーズ」は全てウレタン樹脂を使用したプラスチック製です。ひと昔前、偏光レンズはポリカーボネート製のものが主流だった頃は、歪みの少なさ、クリアな視界ではガラス製に軍配が上がりました。しかし、視力矯正用のプラスチックレンズ素材の導入で、ガラスの優位性は全くなくなりました。 サングラスは鼻に乗せるもの、耳に掛けるものですから、極力軽い方がよりストレスの軽減にもなり、ガラスと同等のクリアな視界が得られることにより、一般の眼鏡レンズと同様に偏光レンズもプラスチックが主流となっております。 ところが、同じプラスチックレンズを用いたサングラスでも、加工・セッティングの善し悪しでその性能は大きく変わってきます。大量生産によるサングラスは、全て同じ型でレンズを削りフレームにセットしておりますが、同じモデルでもフレームの形は全て微妙に異なります。その為レンズが外れやすい、極端な歪みが発生していることもあり、場合によっては左右のレンズで偏光の効き方が異なり、反射が残ってしまうということも良くあることです。弊社では一つ一つのフレームに完璧に合う状態で加工・セッティング致しますので、その差は一目瞭然です。 今江プロをはじめTOPプロの方達に称賛頂いた要因、お客様のリピート率が非常に高いのも、この加工・セッティング技術にあると思っています。


A 以前は弊社ネット通販でも度付きでのセッティングを承っておりましたが、日本眼鏡技術者協会からの指導により、ネット通販による度付きサングラスにつきましては終了させていただきました。

度付きレンズでのセッティングをご希望の方は、取扱い代理店へお問合せください。

 

A 納期につきましては、ご注文後、通常は約2週間、特殊加工が必要なサングラスの場合は約2週間〜3週間弱でのお届けとなります。しかし、時期的にご注文が集中する場合(1月頃〜7月頃)や、フレームが欠品中の場合は、更にお時間を頂戴することもございます。
お送りの際は到着日、配達時間の指定が可能です。
(基本的に利用する運送会社の規約に基づきます)

 お支払い方法は「クロネコヤマト」か「佐川急便」のコレクト払い(代金引換)となります。※送料は税込み700円(離島は除く)、代引き手数料はサービスしております。 各種クレジットカードでのお支払いも受け付けております。その他、銀行振込・ジャパンネット銀行振込、コンビニ決済も可能です。